ネットボールルール改正2

ルール2 語句の説明
追加された語は、
Failure to take the court:試合開始時チームの人数が5人以下だった場合、あるいは、中断後、コートに入るのが遅れ、人数が揃わなかった場合」

Late player(遅刻したプレイヤー):試合開始時、あるいは、中断や休憩後のゲーム再開時に、コート内でゲームをするための準備が出来なかったプレイヤー」

Reckless(無謀な):後のことを考えずに行動する」
の3語です。

説明の追加があったのは、
Major infringement(重い違反):コンタクト、オブストラクションの反則をすること、及び、シュートを妨害するようにディフェンスプレイヤーがゴールポストを動かすこと、ディフェンスプレイヤーがリングに向かって下降中のボールをそらすように触れること、不適切な時間にプレイヤーがコート内に入ること、懲戒に値するプレイを犯すこと

Pass:投げる、たたく、あるいは、バウンドさせることによって、もう1人のプレイヤーにボールを渡すこと、ボールを地面に落とすこと、地面に向かって押すこと、手の中でハンブルすること

Timekeepers:プレイ時間を正確に測定する役割を担当する補助役員。アンパイアにゲームの終了、休憩、中断、一時出場停止に関する時間を管理し伝える
のアンダーラインの部分です。
重い違反が増えたことは、チェックが必要です。
他は、具体的に説明したという感じです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント