ネットボールルール改正5

ルール5「試合関係者」
5.1「チーム」
(ii)(b)もし片方のチームのプレイヤーがコート内に7人以上いる場合は、ただちに余分なプレイヤーをコート外へ出す。
Sanction:プレイが止められた時、ボールのあった地点で、ペナルティパス。そのエリアでプレイできる違反チームのプレイヤー1人が隣に立ちプレイできない。
(c)もし、余分なプレイヤーがコート外へ出るのを故意に遅らせた場合、アンパイアは、遅延行為として該当プレイヤーを罰する。
・・・5人以下の場合は、規定がありましたが、7人以上という多い場合が規定されました。かなり厳しい規定になっています。
5.2.1「アンパイア」
(vii)問題行動が軽度の場合には、アンパイアは、時計を止めずに、プレイヤーにその行動を変えるようにさりげなく忠告する。
(viii)アンパイアは、問題行動をプレイヤーに告げる際、時計を止めても良い。
(ix)アンパイアは、問題行動の原因となっていると考えられるプレイヤー達がコート内にいる場合、それを伝えるためにキャプテンを呼ぶ。その時、時間を止めても良い。
・・・この部分が追加になりました。
5.2.2「控えのアンパイア」
(i)交替する時、控えのアンパイアは、それまでに与えられた注意、警告、一時出場停止、退場を知っていなければならないし、どの行動によってなされたかの理由も分かっていなければならない。
(iv)一時出場停止のプレイヤーをその停止期間中、監督する。そして、停止期間が終了した時、プレイヤーに告げる。
・・・この部分が追加になりました。
5.3.1「スコアラー」
(g)全ての注意・・・今までの役割に「注意(caution)」も記録することが追加されました。
5.3.2「タイムキーパー」
(vi)一時出場停止が起きた場合には、2分間のプレイ時間を停止期間として測定し、控えのアンパイアにその終了時間を知らせる。
・・・この役割が、明確に規定されました。

補足Aでは、試合前のアンパイアの役割、キャプテントス、アンパイアトスのやり方、そして、試合開始、試合中の笛の吹き方等が、詳細に述べられている。
チームベンチに座れる人数のところでは、応急処置担当者の他にチームドクターがいる場合には、後ろに座席を別に設けるか、ベンチと反対側にある報道機関等の席に座ってもらうと述べている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント