テーマ:スポーツ

ネットボールルール改正18

補足C 9.6 Footwork drag・・・着地時、着地足がずれる、あるいは、ピボット中にずれた場合。ハンドシグナルではなく、足を引きずる動作をする。 10.2 シュートをする時 incorrect shot・・・シューター(GS、GA)は、ゴールサークル外でボールを扱っても良いが、一度ゴールサークル外へ出た後、シュート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正17

補足C 8.5「トスアップ」 moved early・・・アンパイアがボールを放す(手から離れる)前に、動いた時。特に該当するハンドシグナルはない。 アンパイアは、笛を吹き「ムーブアーリイ、フリーパス」と告げ、ボールを違反していないチームのプレイヤーに渡す。 interference with toss・・・トスアップを他のプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正16

アンパイアが使用する指示語とその場面 positioned incorrectry・・・センター(C)がきちんとセンターサークル内に入らなかった時、ハンドシグナル10を使う。 breaking・・・センターパスの開始前、センター(C)がゴールサードに入った、あるいは、他のプレイヤーが,センターサードに入った時、ハンドシグナル11を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正15

補足A この部分は,完全に新しく挿入されました。 ルール3. ルール4.ルール5. ルール6. ルール7. ルール8.  ルール9. ルール13. について、それぞれ関わる人達の役割を具体的に説明しています。 ルールでは説明できないところを補っています。 ルールブックで,このような形をとるのは珍しいですね。 でも、全員が参考に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正14

ルール13「ゲームマネージメント」(その2) 13.1.2 「警告(Warning)」(13.1.3「 一時出場停止(Suspension)」) ・一試合で1人のプレイヤーに出す警告(一時出場停止)は1回のみである。 ・必要と思われる状況では、注意(警告)を与えていない場合でも出してよい。 ・・・この2項目が両方の条項に追加され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正13

ルール13「ゲームマネージメント」(その1) 13.1 アンパイアによってとられる処分行動 (i)次のいずれかの処分行動をとってもよい: (a)プレイヤーに注意する:プレイヤーに、ある特定の動作や態度(違反行為)を変えなさいと忠告する。 (b)プレイヤーに警告を出す:プレイヤーに、懲戒に値するプレイ(foul…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正12

ルール11「オブストラクション」 11.1 ボールを保持しているプレイヤーに対するオブストラクション 原文では、deflect or intercept the ball となっている。「ボールをそらす、あるいは、インターセプトする。」としても良かったが、今回は、「ボールをカット、あるいは、インターセプト」とした。 ・・・インター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正11

ルール9「試合において」(その2) 9.5「パスの距離」 9.5.1「ショートパス」 (i)プレイヤーがボールをパスする時、パスする人の手と、受け取る人の手の間に、コート内の相手プレイヤーが手でボールをインターセプトするのに十分なスペースがなければならない。 Sanction:ボールを投げたプレイヤーが立っていた地点でフリーパス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正10

ルール9.「試合において」(その1) 9.2「遅刻したプレイヤー」 (i)試合開始後に到着したプレイヤーは、コートに入る前に、[Rule5.1.1(i)and(iv)]に規定されている項目を満たしているか否か、アンパイアによるチェックが必要 ・・・服装や髪、ツメ等のチェックが必要と明記された。 (iv)もし、空いているポジション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正9

ルール8「プレイの管理」(その2) 8.3「コート外」 (c)コート外の地面、物、人に触れたボールをコート内のプレイヤーが保持している ・・・この条項が追加された。 8.3.2 「プレイヤーがコート外に出る」 (ii)ボールに触れていないプレイヤーは、コート外周(court surround)エリア内を動いてもよい。ただし、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正8

ルール8「プレイの管理」(その1) 8.1.1 「コート内に人数が揃わなかった場合」 (ii)もし、中断後、アンパイアによって再開が告げられたにも関わらず、コート内に人数が揃わないという遅延行為があった場合・・・。 Sanction:(違反していないチームが不利にならない限り、)ペナルティパスは前進した位置に与えられる。プレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正7

ルール7「SANCTIONS(罰則に対する措置)」 7.1.3 ペナルティパスでは (vi)1人のプレイヤーが一時出場停止あるいは退場となった場合、ペナルティパスが違反をしていないチームに与えられる。その時、違反したチームのプレイヤーは、ペナルティパスを行うプレイヤーの隣に立つ必要は無い。 ・・・この規則は初めてです。プレイヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップこぼれ話

13日釜石で予定されていたカナダvsナビビア戦が、台風のため中止になりました。 この試合は、両チームとも予選敗退が決まっており、予選リーグの最下位決定戦に相当するものでした。 しかし、中止が決定した後、カナダチームがとった行動は、台風被害のボランティアでした。 積極的に被災地に出かけ泥水を掻き出す等の手伝いをしたそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップ アイルランド戦

予想を覆す勝利、お見事でした。 それだけの努力をしていたこと、見抜けませんでした。 無理にトライを取りに行かず、確実にPKで点差を詰めたことが勝因でしょう。 自陣でペナルティを犯さなかったのも素晴らしかったです。 アイルランドは、日本のゴール近くのラインアウトでアインアウトモールを作らず攻撃しました。 あそこはスコットランド戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの練習ゲーム

9月30日、久しぶりに東京のWLSチームがやってきた。 今年は、群馬で合宿とのこと。その一環でゲームを行った。 と言っても、こちらはOGや他のチームから助っ人を頼んでやっと出来たチームである。 戦略などまるで無く、ただ、楽しくやるだけだった。 でも、学生にとっては、本当に久しぶりのゲームで、良い練習になったと思う。 試合結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアユースネットボール選手権2019

7日鹿島市で行われていたアジアユース選手権大会が終了した。 優勝はマレーシアだったが、シンガポール、スリランカ、香港の4強は変わらなかった。 7月12日からは、イングランドでワールドカップが始まる。 多分、アジアのこの4チームは、ワールドカップで最下位争いをするだろう。 このアジアユース選手権で、日本は1勝も出来なかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動部活動のあり方

「高校も週休2日」の見出しに愕然とした。 なぜ、「教育的側面」と「スポーツの持つ最高位を目指す気持ち」のギャップを理解できないのだろう。 私はネットボールを通して、その点を指摘してきた。 現在、日本に於ける高校スポーツは教育的側面は殆ど持っていない。 勝つことを目的とし、それを皆望んでいる。 優勝すれば、県民栄誉賞までもらえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピックに参加しない理由

いよいよ平昌オリンピック始まりましたね。 代表選手、持っている力、しっかり発揮できると良いですね。活躍、期待します。 いろいろ書いてきましたが、オリンピック種目になることは教育にとってマイナス面が大きいと言うことを理解していただけたでしょうか? 柔道はJUDOとなり、「礼に始まり礼に終わる」という「道」の考え方や、神聖な色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールがオリンピックに参加しない(できない)理由3-4

『ルールはプレイヤー自身で守る』という考え方は、ネットボールのルールに色濃く反映されています。 重い反則と言われている「オブストラクション(妨害行為)」は、『90cm以上離れる』や『相手の動きを妨げるように手を挙げない』、「コンタクト」は、『相手とぶつからない』、『相手の持っているボールには手を触れない』といった意識や努力が求められま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールがオリンピックに参加しない(できない)理由3-3

次ぎに特徴として挙げられるのは、同じイギリス発祥のスポーツであるラグビーと共通しますが、『ルールはプレイヤーが守るものであり、ルールを守れないものはプレイをする資格がない』という考え方です。 これは、スポーツを一つの社会と捉え、社会人としての心構えを教えようとしています。『審判に見つからなければ良い』という考えを戒めています。 ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールがオリンピックに参加しない(できない)理由3-2

ネットボールの教育的側面を歴史的な視点から考えてみます。 ネットボールが誕生したのは、1890年代です。アメリカ生まれのバスケットボールを、(その原点であるフットボール本場の)イングランドに普及しようとしたのですが、男性は屋内で行う球技に興味を示しませんでした。そのため、女性用として紹介しますが、やはり、女性には激しすぎ、アメリカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールがオリンピックに参加しない(できない)理由3-1

3番目は、「教育」という問題です。 先ずはスポーツと体育の違いを整理しておきましょう。 「スポーツ」は、本来は「気晴らし」という遊びの意味から発生しましたが、現在は「競技スポーツ」の意味が強くなっています。 一方、「体育」は、「身体教育」の短縮語として生まれ、教育(知育、徳育、体育)の一分野です。 最近、「スポーツ教育」とか、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月8日

平成30年が始まりました。来年で平成も終わりのようですね。 私がネットボールに出会ったのは平成2(1990)年です。 平成時代と共にネットボールと付き合ってきた気がします。 1990年からのネットボール関連記事をサイト (http://www7b.biglobe.ne.jp/~netball/netball.html) にUP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールルール改正

2018年1月1日からルールが改正されます。 今回の改正は、2016年度版のマイナー改正です。 きちんと改正部分を確認したい方は、ネットボール(NETBALL)資料室 http://www7b.biglobe.ne.jp/~netball/index.html で確認下さい。 改正された2018年度版の競技規則もupしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルール改正概要

先日発表された2018年から適用される改正部分の概要です。 ①語句の説明の追加及び補足 ブレーキング:センターパスの笛が鳴る前にセンターサードに入るearly entry ピボット:母指球でのピボット、踵でのピボットは良いが、母指球から踵へ移動することはダメ セット:サンクションを行う時、「セット」すると表現する。ペナルティパス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

INFルール改正

INFから2018年から採用されるルール改正が発表されました。 INFのサイトから2018年版をダウンロードするかオーストラリアのサイトで改訂の要点を見ることが出来ます。 審判をする方は、注意(caution)のハンドシグナルが新しく加わったので覚えてください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日本選手権大会

11月19日、全日本選手権大会が安中市総合体育館で行われた。 結果は1位WLS(東京)、2位安中(群馬)、3位健大(群馬)という順位だった。 女子大学は、残念ながら一勝も出来ず4位だったが、くじ運が良く、シードだったので、最下位にならずにすんだ。昨年は、人数不足で出場できなかった。今年も、何とか登録はしたものの、直前に頼りにしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

INFからルール変更が発表されました

INFからルール改正(補足)が発表されました。 この新ルールは2018年1月からの採用になります。 今回の改正は大きなものではありませんが、ルールブックは新しくリニューアルされそうです。 変更される箇所は、 ・ブレーキング、ピボット、セット(フリーパス、ペナルティパス)に関して語句の説明(定義)を新しくする ・フリーパスや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットボールがオリンピックに参加しない(できない)理由

世界で約70カ国で行われているネットボール。 ワールドカップも1963年から4年ごとにきちんと行われている。 でも、女性だけで行っていたため、男性中心のオリンピックには参加できないのかなと思っていた。 でも、最大の課題は、Commonwealthの問題のようだ。 確かに世界3位にイングランド、8位にウエールズ、12位にスコットラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月29日

今日も練習に来たのは1人。先週は2人だった。ここのところ練習人数が極端に少ない。 シュート練習後、テニス。ネットボールより、テニスの上達が著しい。これも楽しみの一つだ。 ボールを最後までしっかり見る。腰を落としてボールを捉える。ボールゲームには、共通した要素がいっぱいだ。 9月2日の土曜日には、群馬レクリエーション大会が群馬総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more